スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流鉄流山線 流山駅

流鉄流山線 流山駅 駅舎
流鉄流山線の終着駅である流山駅。どことなく懐かしい感じのする駅舎である。
流鉄流山線 流山駅 出札口
出札口。当駅は関東の駅百選に認定されている為、出札口向かって左下に認定板がある。また流鉄では出札口で硬券も発売している。
流鉄流山線 流山駅 改札
改札口。大きく広い。さすが終着駅だ、という感じ。
流鉄流山線 流山駅 駅舎(ホーム側)
改札を抜け、振り返ってもう一度駅舎を見る。
流鉄流山線 流山駅 検車区を臨む
ホームの端に立ち、馬橋方面と反対の方向を見ると、検車区がある。
流鉄流山線 流山駅 ホーム全景
ホーム全景。
流鉄流山線 流山駅 駅名標
駅名標。小金城趾駅にも同じ形式のものがある。

・流山駅

戸籍:流鉄 流山線
種類:有人駅
開業:大正5年(1916年)3月14日
ホーム:島式1面2線
利用者:1,785人(2006年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)11月2日

 平和台(へいわだい)  ← 流山(ながれやま)


2008年、さざなみStationをご覧いただきまして、ありがとうございます。
来年も一生懸命、更新に努めますのでよろしくお願いいたします。
それではよいお年をお迎えください。 さざなみ5号


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
スポンサーサイト

流鉄流山線 平和台駅

流鉄流山線 平和台駅 駅舎
流鉄の平和台駅。駅前には大手スーパーマーケットの”イトーヨーカドー”があり、交通量も多いため、駅周辺は賑わっている。
流鉄流山線 平和台駅 出札口
券売機は1つ設置されている。また、出札口では硬券も発売されている。
流鉄流山線 平和台駅 流山市ふるさと産品
改札外には「流山市ふるさと産品」と表し、流山市の土産物や伝統工芸品などが展示されている。
流鉄流山線 平和台駅 改札
改札。
流鉄流山線 平和台駅 駅名標
駅名標。背景の青色が印象的である。
流鉄流山線 平和台駅 ホーム全景
振り返って、ホーム全景を臨む。当駅は1面1線の有人駅である。

・平和台駅

戸籍:流鉄 流山線
種類:有人駅
開業:昭和8年(1933年)4月1日
ホーム:単式1面1線
利用者:1,472人(2006年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)11月2日

 鰭ヶ崎(ひれがさき)  ← 平和台(へいわだい)  → 流山(ながれやま)


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

流鉄流山線 鰭ヶ崎駅

流鉄流山線 鰭ヶ崎駅 駅舎(改札出て、直進)
鰭ヶ崎駅。鰭ヶ崎と書いて、「ひれがさき」と読む。写真は改札出て直進した側の出口である。
流鉄流山線 鰭ヶ崎駅 駅舎(改札出て、左)
こちらは改札を出て左側の駅の様子である。駅周辺は数件の商店が建ち並ぶ程度で、とっても閑静な住宅地である。
流鉄流山線 鰭ヶ崎駅 出札口
出札口。券売機も設置されているが、窓口では硬券や様々な記念乗車券等も発売されている。
流鉄流山線 鰭ヶ崎駅 改札
改札口。耳をすませば民家から聞こえる皿を洗う音やテレビの音もまた風情がある。
流鉄流山線 鰭ヶ崎駅 トイレ
トイレ。トイレ裏手には物干し竿があり、たまに流鉄の制服なんかが干してあることもある。
流鉄流山線 鰭ヶ崎駅 広告看板
駅前の商店裏手がホームに面しているため、商店の広告なんかがある。何となく懐かしい雰囲気をかもし出している。

・鰭ヶ崎駅

戸籍:流鉄 流山線
種類:有人駅
開業:大正5年(1916年)3月14日
ホーム:単式1面1線
利用者:934人(2006年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)11月2日

小金城趾(こがねじょうし) ← 鰭ヶ崎(ひれがさき)  → 平和台(へいわだい)


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

流鉄流山線 小金城趾駅

流鉄流山線 小金城趾駅 駅舎(改札出て、左)
流鉄流山線 小金城趾駅。写真は改札出て左側の駅の様子である。2F部分に駅があり、1F部分は大手ドラックストア、3Fより上は千葉県の県営住宅となっている。
流鉄流山線 小金城趾駅 県営住宅入り口
駅舎の階段を上ると、右手に県営住宅の入り口があり、関係者以外の立ち入りを断る手書きの看板がある。
流鉄流山線 小金城趾駅 階段踊場
さらに進むと、写真のような踊り場に出る。
流鉄流山線 小金城趾駅 出札口跡
その左手には出札口のような窓口の跡のようなものがあるが、ひと気はなく、暗い場所にあるので、まるで廃墟のようだ。
流鉄流山線 小金城趾駅 改札
ここから更に階段を上ると駅の改札に出る。券売機は1つだけ設置されていて、出札口では硬券も発売している。
流鉄流山線 小金城趾駅 出口案内
出口案内。”JR北小金駅”とあるが、徒歩では20分以上かかるため、乗換としては不向きである。
流鉄流山線 小金城趾駅 駅入口(改札出て、右)
こちらは改札出て右側の出入り口。どちらの駅前も閑静だが、こちらのほうはもっと閑散としていて静かである。
流鉄流山線 小金城趾駅 ホーム全景
改札を入り、階段を下るとホームに出る。当駅は流鉄で唯一の交換可能駅で、全ての電車が当駅で交換をする。
流鉄流山線 小金城趾駅 駅名標
駅名標。横幅が長く印象的な駅名標である。

・小金城趾駅

戸籍:流鉄 流山線
種類:有人駅
開業:昭和28年(1953年)12月24日
ホーム:島式1面2線
利用者:914人(2006年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)11月2日

 幸谷(こうや) ← 小金城趾(こがねじょうし) → 鰭ヶ崎(ひれがさき)


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

流鉄流山線 幸谷駅

流鉄流山線 幸谷駅 駅舎
流鉄の幸谷駅。JR新松戸駅と隣接しており、乗降者数は流鉄の中で1位を誇る。
流鉄流山線 幸谷駅 流鉄カーサ新松戸入口
駅は流鉄営の高層マンション「流鉄カーサ新松戸」の1階部分にある珍しい構造をしている。
流鉄流山線 幸谷駅 駅周辺
幸谷駅周辺。新松戸駅から当駅への乗換は武蔵野線高架下や路地のようなところを通るが、徒歩1分程度。
流鉄流山線 幸谷駅 駅舎内
駅舎内の様子。トイレは男女別で設置されていて、切符の券売機は2つ。
流鉄流山線 幸谷駅 改札
改札。
流鉄流山線 幸谷駅 駅名標1
駅名標①。こちらの駅名標は緑色の矢印が印象的でレトロな感じがする。
流鉄流山線 幸谷駅 駅名標2
駅名標②。この駅名標の裏側には「幸谷駅 流山線のりば」と書かれており、その裏側を駅名標に利用したのだろう。

・馬橋駅
戸籍:流鉄 流山線
種類:有人駅
開業:昭和36年(1961年)2月3日
ホーム:単式1面1線
利用者:2,637人(2006年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)11月2日

他社線の乗換: JR常磐線 新松戸駅

馬橋(まばし) ← 幸谷(こうや) → 
小金城趾(こがねじょうし)

又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

流鉄流山線 馬橋駅

流鉄流山線 馬橋駅 流鉄入口
JR馬橋駅の跨線橋の中ほどにある流鉄の馬橋駅。ひっそりと佇んでいてレトロな感じ。
流鉄流山線 馬橋駅 券売機
券売機は設置というか、放置されているような感じ。出札口では硬券も発売している。当駅は乗降者数は幸谷、流山に次いで3位。
流鉄流山線 馬橋駅 改札
改札。自動改札ではなく、PASMO端末も設置されていない。
流鉄流山線 馬橋駅 待合室
ホーム中ほどにある待合室。私が訪問したときは待合室内で寝ている男性がいた。
流鉄流山線 馬橋駅 待合室内掲示板
待合室内にある掲示板には流鉄の車両の写真や記念乗車券の発売告知などがあった。
流鉄流山線 馬橋駅 観光案内図
観光案内図。数ヶ月前に社名を「総武流山電鉄」から改称したため、シールで社名が変えられている。
流鉄流山線 馬橋駅 トイレ
ホーム先端にはトイレが設置されているが簡単なつくりで簡易的な感じがする。

・馬橋駅
戸籍:流鉄 流山線
種類:有人駅
開業:大正5年(1916年)3月14日
ホーム:島式1面2線
利用者:1,781人(2006年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)11月2日

他社線の乗換: JR常磐線 馬橋駅

 馬橋(まばし) → 幸谷(こうや)


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

JR常磐線 馬橋駅

JR常磐線 馬橋駅 東口駅舎
JR常磐線の馬橋駅。写真は東口だが、田舎の主要駅みたいな駅舎である。
JR常磐線 馬橋駅 西口駅舎
こちらは西口。西口は跨線橋の上に駅舎がある。
JR常磐線 馬橋駅 待合室
ホームの上には囲いのある待合室があり、列車待ちも快適にできる。
JR常磐線 馬橋駅 駅名標
駅名標。
JR常磐線 馬橋駅 通路
改札外の通路。西口寄りに当駅起点の流鉄流山線のホーム入り口がある。
JR常磐線 馬橋駅 馬橋驛
有人改札の窓の上には印象的な「馬橋驛」の看板がある。

・馬橋駅
戸籍:東日本旅客鉄道 常磐線
種類:有人駅
開業:明治31年(1898年)8月6日
ホーム:島式1面2線
利用者:24,934人(2007年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)11月2日

他社線の乗換: 流鉄 流山線 馬橋駅

新松戸(しんまつど) ← 馬橋(まばし) →北松戸(きたまつど)


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

JR東北本線 宝積寺駅

JR東北本線 宝積寺駅 西口駅舎
JR東北本線の宝積寺駅。当駅はデザイナーズな駅舎が印象的である。写真は西口の駅舎。
JR東北本線 宝積寺駅 東口駅舎
東口駅舎。西口と違い、”JR宝積寺駅”と書かれた看板がない。
JR東北本線 宝積寺駅 改札外通路
改札外通路。天井は木の温もりを感じさせ、斬新なデザインである。
そのため、当駅は2008年に鉄道デザインの国際デザインコンペティション「ブルネル賞」で、建築部門の奨励賞を受賞している。
JR烏山線 宝積寺駅 みどりの窓口
当駅はみどりの窓口や指定席券売機、普通券売機が設置してあるなど設備は充実している。
JR東北本線 宝積寺駅 改札
改札。自動改札ではないが、Suicaの簡易改札機が設置されている。
JR東北本線 宝積寺駅 七福神
当駅はJR烏山線の起点でもある。烏山線の各駅には七福神が割り振られているため、こういった看板が設置されている。
JR東北本線 宝積寺駅 駅名標
駅名標。これは烏山線の駅名標だが、当駅に設置されている駅名標はみな同じ形式である。

・宝積寺駅
戸籍:東日本旅客鉄道 東北本線
所属路線:東日本旅客鉄道 烏山線
種類:有人駅
開業:明治32年(1899年)10月21日
ホーム:単式1面1線(東北本線)島式1面2線(東北本線、烏山線)合計2面3線
利用者:2,114人(2007年度1日平均人数)
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)9月7日
備考:2008年9月30日に鉄道デザインの国際デザインコンペティション「ブルネル賞」で、建築部門の奨励賞を受賞


氏家(うじいえ) ← 宝積寺(ほうしゃくじ)[■東北本線] →岡本(おかもと)
宝積寺(ほうしゃくじ)[■烏山線] →下野花岡(しもつけはなおか)


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

JR烏山線 下野花岡駅

JR烏山線 下野花岡駅 駅全景
JR烏山線下野花岡駅。見渡す田園風景の中にポツンと佇む無人駅である。
JR烏山線 下野花岡駅 駅入り口
当駅には仁井田寄りと、宝積寺よりにひとつずつ出口がある。写真は仁井田寄りである。
JR烏山線 下野花岡駅 駅入り口2
こちらは宝積寺寄りの出口。ホームの端ではなく、中ほどにある。
JR烏山線 下野花岡駅 駅名標
駅名標。当駅は起点の宝積寺駅から1つ目の駅である。
JR烏山線 下野花岡駅 七福神 寿老人
烏山線各駅に割り振られている七福神。下野花岡駅は「寿老人」である。

・下野花岡駅
戸籍:東日本旅客鉄道 烏山線
種類:無人駅
開業:昭和9年(1934年)8月15日
ホーム:単式1面1線
利用者:不明
スタンプ:設置(仁井田駅保管)
管理人訪問日:平成20年(2008年)9月7日

宝積寺(ほうしゃくじ) ← 下野花岡(しもつけはなおか) → 仁井田(にいた)

又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

JR烏山線 仁井田駅

JR烏山線 仁井田駅 駅舎
JR烏山線の仁井田駅。当駅はこじんまりとした木造駅舎がある。
JR烏山線 仁井田駅 駅舎内
駅舎内。窓口営業時間(8:00-18:30)外は駅舎は鍵が閉まっていて、簡易改札を利用。
JR烏山線 仁井田駅 出札口
出札口。当駅は業務委託駅で駅員は配置。POS端末も設置されている。
JR烏山線 仁井田駅 ホーム全景
ホーム全景。当駅はかつては交換可能な駅であったため、相対式ホーム片面が遺構として残っている。
JR烏山線 仁井田駅 駅名標
駅名標。風情ある駅舎にこの形態の駅名標は少し残念である。
JR烏山線 仁井田駅 七福神 布袋尊
烏山線の各駅に割り振られている七福神。当駅は布袋尊である。
JR烏山線 仁井田駅 JR烏山線を利用して電化を実現しよう!
駅にある看板。しかし、電化が実現してでの地元民の利点とは何だろうか?

・仁井田駅
戸籍:東日本旅客鉄道 烏山線
種類:業務委託駅
開業:大正12年(1823年)4月15日
ホーム:単式1面1線
利用者:不明
スタンプ:設置
管理人訪問日:平成20年(2008年)9月7日

下野花岡(しもつけはなおか) ← 仁井田(にいた) → 鴻野山(こうのやま)


又、当サイトは「日本ブログ村」に登録しております。是非、ご利用ください。1クリックしていただけたら、幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 駅・時刻表へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
プロフィール

さざなみ5号

Author:さざなみ5号
こん**は!さざなみ5号と申します。
鉄道を趣味とする中学生です。自分が訪問した駅を写真つきで分かりやすく公開します。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。